-すもログ- 博多のB級グルメ王は酢もつである。

福岡・博多のおすすめグルメ、美味しいお店の食べ歩きブログ

老舗居酒屋「酔灯屋」の酢もつは、サッパリとした優しいお味

   

 

どーも! 人と一緒に飲みに行くと、自分では行かないような店に行けて嬉しいスーさん(@suuuu_3)です。

今日は、職場の軽い飲み会で「酔灯屋・天神別館」に行ってきました!

 

suitouya201601-0

 

福岡の方はご存知だと思いますが、ここは地元で数店舗を構える居酒屋チェーン。
私の記憶が正しければ、少なくとも20年以上前から営業している老舗だと思います。

店名はおそらく、博多弁の「好いとうや?(翻訳:好き?)」をもじったものでしょう。(ウラはとってませんので悪しからず…)

いつ来ても、お客さんのほとんどがサラリーマン風のおじさんなのですが、今日は新年会シーズンということもあって、若い女性もちらほら目に留まりました。

 

お手頃価格の「酢もつ」は歯ごたえはあるが優しいお味

 

それはさておき、せっかくの機会なので、職場の飲み会にも関わらず一人で勝手に酢もつを注文して、写真までパチリ。(笑)

 

suitouya201601-1

 

スライスオニオンが私好み

ここの酢もつは、お手頃価格の350円

スライスオニオンの上に、薄く切った豚の大腸、その上に小ネギが振りかけてあります。
私、このスライスオニオンが添えられていると嬉しくなるんですよねー。

酢もつというのは、その名のとおり酢が効いているのでもともとスッキリ・サッパリした食べ物なのですが、スライスオニオンがそれを倍増させてくれるんですね。

 

suitouya201601-2

そして、器の縁に見える緑色の物体は、当然ながらワサビではなく、九州名物「ゆずごしょう」ですね。

今日は職場の人と一緒だったのでできませんでしたが、器の底に溜まった酢醤油で「ゆずごしょう」を溶いて、ガーッと混ぜるのが私の流儀だったりします。

 

モツは固いけど、味付けは優しい

前回の「煮込み」の酢もつに比べると、薄切りとはいえかなり歯ごたえがあって、簡単に噛み切れる感じではないです。

 

suitouya201601-3

味付けは甘酢で、万人ウケする優しい印象でしたよ。
私はパンチがあるほうが好みなので、自分の分だけゆずごしょうをガッと付けていただきました!

「酔灯屋・天神別館」の酢モツは、オーソドックスな正統派でした。

 

七草粥の心遣いに感謝!

ちなみに今日は1月7日ということで、食事が終わるころに店長が「七草粥」をサービスしてくださいました~。

 

suitouya201601-4

 

嬉しい心遣いに感謝です!

 

まとめ(おすすめグルメランキング)

 

酢もつ(350円)

おすすめランキング:★★★☆☆

 


 

店の名前:酔灯屋・天神別館
店の場所:福岡市中央区天神1-12-3
訪問時期:2016年1月


 

 

取り寄せ・通販で買える「酢もつ」もあります

 

⇒黄金屋 名物酢もつ(250g/5人前)

⇒蟻月 酢もつ 2パックセット ゆず胡椒付

 

酔灯屋 天神別館居酒屋 / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

 - 酢もつ