-すもログ- 博多のB級グルメ王は酢もつである。

福岡・博多のおすすめグルメ、美味しいお店の食べ歩きブログ

残念! あまりにも残念でもったいない「ピース餃子」の酢もつ。

   

 

どーも、転んだら転んだ数だけ起き上がるスーさん(@suuuu_3)です。

 

前回、テムジンの中途半端な仕事に打ちのめされたので、今日こそはと「ピース餃子」に行ってきました!

ピース餃子は、西鉄大牟田線の薬院駅と平尾駅の間にある餃子屋さんで、高宮通りから少し東側に入ったところにあります。

 

peacegyoza201602-1

 

テムジンで不完全燃焼に終わった餃子欲を満たすために、早速「焼餃子(420円)」「酢もつ(400円)」「生ビール(500円)」を注文します。

餃子は、当然ながら注文後に焼き始めるので、その前に酢もつとビールが出てきました。

 

peacegyoza201602-2

 

おお、美しい酢もつ。さすがです。

新鮮な刻みネギがたっぷりのせられていて、器の縁には柚子ごしょうが惜しみなく添えられています。
ガラスの器もいい感じですね。

まずはゆずごしょうを付けずにネギと酢もつをかき混ぜ、酢醤油に絡ませて一口いただきます。

 

味付けが…。実に残念な酢もつ

 

・・・ん? あれ?

ちょっと…、いや、かなり味付けが濃いな…。
酢醤油に使っている醤油の量が多いのか、塩気がキツいです。

ここにゆずごしょうを少し溶くと、さらにしょっぱくなっちゃって大変です…。

 

peacegyoza201602-3

 

うーん、モツ自体は柔らかくて美味しいモツなのですが、味付けが…。

器の底のほうのモツはタレに漬かってる時間が長いので、食べられないくらい塩辛くなってしまいました。
酢醤油をサッと絡めたら、器の底に残ったタレは別の皿に捨てたほうがいいのかもしれません。

 

期待していただけに、誠に残念、無念です。(泣)

 

小龍包のような可愛らしい餃子

 

しかし、今日のお目当てはもう一つ、焼き餃子があります。

しょっぱい酢もつをチビチビかじっていると、やってきました!

 

 

peacegyoza201602-4

 

なんとも可愛らしい餃子です。
いわゆる博多名物の一口餃子とは見た目もずいぶん違いますねー。

 

メニュー表や壁の張り紙など、至るところに「肉汁注意!」と書いてありますが、中国人留学生風のアルバイト店員さんからも、たどたどしい日本語で「肉汁に注意してください」と言われました。(笑)

大人になってからこんなに注意されるのは久しぶりです。(笑)

 

それはさて置き、まずはタレをつけずに一口でパクッ。
おお。肉汁が口の中にジュワッと広がって、美味しいです。

お肉もぎっしり詰まっています。

餃子というより小龍包という感じですねー。
一つ一つ丁寧に作られているのが伝わってきます。

ただ、ちょっと量が少ないなぁ…。
一人前(5個)だと、あっという間になくなっちゃいます。

 

焼餃子だけじゃなくて、水餃子、手羽餃子、炊き餃子などなど幾つも種類があるので、大勢で来て、いろんな餃子を頼んでシェアするのがいいかもしれませんね!

 

酢もつはホントに残念でしたが、可愛らしい小龍包のような餃子に少しだけ癒されたピース餃子の夜でした。

ちなみに、ピース餃子の店内には「ピース」な言葉があふれていて、それを眺めてるだけでも楽しいですよ。

 

peacegyoza201602-5

 

僕としては、酢もつが美味しいほうがピースフルな気持ちになれるんですが、それはもう言うまい。(笑)

 

まとめ(おすすめグルメランキング)

 

酢もつ(400円)

おすすめランキング:★★☆☆☆

 


 

店の名前:ピース餃子
店の場所:福岡県福岡市中央区平尾2-1-24
訪問時期:2016年2月


 

 

取り寄せ・通販で買える「酢もつ」もあります

 

⇒黄金屋 名物酢もつ(250g/5人前)

⇒蟻月 酢もつ 2パックセット ゆず胡椒付

 

 - 酢もつ, 餃子